エンタメ

サイレント目黒蓮の病気は難聴!話し方に違和感の理由やネタバレ・考察

回を増すごとに話題となっているドラマ「サイレント」!

「サイレント」でSnowMan目黒蓮さんが演じるのは佐倉想という、難聴を患った男性です。

今回のドラマで佐倉想が患っている難聴という病気に興味を持った方も多いハズ。

難聴がどんな病気なのか詳しくご紹介します!

 

また、ドラマ「サイレント」は出演者たちの話し方に違和感があるという声を多数発見!

どうして違和感がを感じてしまうのか、その原因を考察しました。

こちらでは以下のことを調査しました。

・ドラマ「サイレント」目黒蓮演じる佐倉想の病気は難聴!

・ドラマ「サイレント」話し方に違和感?理由を考察!ネタバレあり

どうぞ最後までご覧ください。

ドラマ「サイレント」目黒蓮演じる佐倉想の病気は難聴!

目黒蓮さん演じる佐倉想というキャラクターは、ある日難聴を発症し、恋人である紬の元を去りました。

この難聴という病気、一体どんな病気なのでしょう?

佐倉想が発症した難聴は、正式には「若年発症型両側性感音難聴」といいます。

 

若年発症型両側性感音難聴の特徴がこちらです。

・若年(40才以下)で発症する

・はっきりした原因は不明だが遺伝子によるものと考えられる

・両耳に発症する

・最初は軽度の難聴から始まり、徐々に進行していく

・根本的な治療法が確立されていない

聴力の低下に応じて、補聴器を使用したり人工内耳を用いる方法もありますが、聴力低下の進行を防ぐ方法は現状見つかっていません

 

目黒蓮さん演じる佐倉想は、この病気を10代の頃に発症しています。

10代にして、これから耳が聞こえなくなってくると宣告されるのは大きな衝撃ですよね。

相当辛かったはずです。

これにより、恋人の元を去った佐倉想。

受け止めきれなくても仕方ないですよね…。

再会した想と紬には、2人とも幸せになってほしいですね…!

ドラマ「サイレント」話し方に違和感?理由を考察!ネタバレあり

「出演者の話し方に違和感がある」「セリフ回しが独特」という評判が多いドラマ・サイレント!

どんな話し方に視聴者は違和感を覚えているのでしょうか?

サイレントの話し方の特徴がこちらです。

・倒置法が多い

・ゆっくりとした話し方

・セリフが短く繰り返しが多い

詳しくみていきましょう。

サイレント話し方①:倒置法が多い

◆倒置法が多い

倒置法というのは先に結論を話し、後に目的語を持ってくる文法のことです。

例えば、「リンゴが赤かった」という分を「赤かった、リンゴが」というように目的後である赤いを強調する効果があります。

サイレントでは同様な効果を狙ってか、倒置法が頻繁に使われる傾向にあります。

この「好きだった人、紬の」という文章もわかりやすい倒置法になっていますね。

「好きだった」というところを強調したかったのだと思われます。

日常的にはあまり使わない表現なので違和感を持つひとも多いようですね。

サイレント話し方②:ゆっくりとした話し方

◆ゆっくりとした話し方

耳が不自由な人は、唇の動きをみて言葉は聞こえなくても何と言っているのか推測しています。

サイレントでは難聴を患っているキャラクターがいることもあり、ゆっくりとかつ唇をしっかりと動かす話し方が意識的にされています。

現代の人の話し方の特徴として、「口をあまり動かさない」「早口でテンポが速い」というのがあるので観ていると違和感があるかもしれませんね。

サイレント話し方③:セリフが短く繰り返しが多い

◆セリフが短く繰り返しが多い

サイレントでよく見かけるのが同じ言葉を何度も繰り返す表現。

例えば、第5話ではこのような会話がありました。

「高3のとき…」

「高3?」

「うん。 高3のとき」

といった感じで、短いセリフをお互いに繰り返す話し方が何度も取り入れられています。

これも先程の倒置法と同様に強調する効果がありますが…。

これにより、視聴者は「しつこい」「癖が強い」という印象を持ってしまっているようです。

また、その一方で「この繰り返しや倒置法など独特な表現が、言葉を大事にしているようで心に刺さる…!」という声も!

確かに耳慣れないセリフ回しで違和感を持つこともありますが、言葉を大事にしたいという脚本家の思いからなのでしょうね!

おわりに

今回は、「サイレント目黒蓮の病気は難聴!話し方に違和感の理由やネタバレ・考察」と題しまして、ご紹介しました。

今期、最も世間を賑わせている話題作、ドラマ「サイレント」

主演である川口春奈さんとSnowMan目黒蓮さんの恋の行方に、私たち視聴者はドキドキしっぱなしですよね!

話し方への違和感もありますが、切なくも温かい物語で目が離せません!

主人公の二人には絶対に幸せになって欲しいです。

これからの展開も楽しみですね!

error: Content is protected !!