タレント・芸能人

白鳥晴都Wikiプロフ本名や読み方は?姉弟ピアノの腕前が凄いって本当?

俳優界に颯爽を現れた期待の新星「白鳥晴都」さんを知っていますか?

ほとんど演技未経験にして、いきなり映画の主演の座をオーディションで勝ち取った天才俳優なのです。

その白鳥晴都さんが主演する映画というのが、2022年公開映画「ぜんぶ、ぼくのせい」。

こちらは3人のそれぞれ孤独を抱えた男女が関わりあっていく中で、深まっていく絆や人間としての成長を描いています。

その中で白鳥さんは、堂々とした演技で母親に捨てられた少年の繊細の心情を表現しているのだとか。

この「白鳥晴都」っていうお名前…。

すごく読み方が難しいですよね。

こちらは本名なのでしょうか?

本名だとしたら初見で読める人は少なそう…。

また、お姉さんがいて姉弟でピアノの腕前がすごいという噂もあって気になりますね!

そこでこちらでは以下のことを調査しました!

白鳥晴都は何者!?気になるWikiプロフィール!

・白鳥晴都の名前の読み方は?本名は違う?

・白鳥晴都のデビューのキッカケは?

・白鳥晴都には姉がいる?ピアノの腕前が凄いって本当?

どうぞ最後までご覧ください。

白鳥晴都は何者!?気になるWikiプロフィール!

ほとんど演技未経験にして、2022年の公開映画「ぜんぶ、ぼくのせい」では、主演の座をオーディションで勝ち取った天才俳優・白鳥晴都さん!

そんな「白鳥晴人」さんのこともっと詳しく知りたいですよね!

そんな方のためにこちらでは白鳥さんのプロフィールをご紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

白鳥晴都(@haruto_shiratori)がシェアした投稿

【白鳥晴都・プロフィール】

・生年月日:2007年12月17日

・出身:静岡県

・事務所:スターダスト・プロモーション

【主な出演作品】

2021年:日本テレビ・土曜ドラマ『二月の勝者』

2021年:TBS・火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』

2022年:テレビ東京ドラマ24『シジュウカラ』

2022年:映画『とんび』

2022年:映画「ぜんぶ、ぼくのせい」

なんと!まだ14才。

※2022年9月時点

ほとんど演技未経験から映画の主役に抜擢されてからのお仕事は順調そのもの!

2021年の人気ドラマにも度々出演されています。

端正な顔立ちでこれは成長するとイケメン俳優として人気になりそう!

まだまだ原石の白鳥さん、今のうちにファンデビューしちゃうのもいいかも!

白鳥晴都の名前の読み方は?本名は違う?

白鳥晴都さんの名前の読み方は「しらとり はると」です。

綺麗なお名前ですね!

珍しいお名前ですが、こちらは本名なのでしょうか?

 

調査の結果、こちらのお名前が本名であるかの証拠は出てきませんでした。

子役の子のほとんどが、幼少期から芸能活動を始めるので、そのまま本名で活動することが多い傾向があるようです。

恐らく、白鳥晴都さんも芸名ではなく、本名ではないかと思います…。

分かったら、こちらに追記させていただきます。

白鳥晴都のデビューのキッカケは?

白鳥晴都さんは、静岡県の出身で小学生の頃から度々東京に遊びにきていたそう。

その度に、何度もスカウトされたことがきっかけで芸能界入りを決めたそうです。

小学生の頃から、その整った容姿が出来上がっていたなんて…。

きっとこれから芸能界で揉まれていくうちにもっともっと磨かれて、とんでもないイケメンになる予感です!

今のうちにみなさん注目しておきましょうね!

白鳥晴都には姉がいる?ピアノの腕前が凄いって本当?

調査の結果、白鳥晴都さんの家族構成は両親とお姉さんが一人だと思われます。

インスタグラムの投稿には、家族(恐らく母親)の誕生日祝いにお姉さんと一緒にプレゼントを渡したと書かれていますので、仲の良い姉弟みたいですね。

お母様のお誕生日には、家族でお祝いディナーを楽しんだ様子が投稿されています!

デザートのプレートには、「まま」へのメッセージが送られていますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

白鳥晴都(@haruto_shiratori)がシェアした投稿

なんだか微笑ましいですね。

よく家族で外出もするそうなので、家族仲は良好なようです。

 

白鳥晴都さんは特技として「ピアノ」を上げています(スターダスト公式プロフィールより)。

過去には、もちづき楽器ピアノフェスティバルという大会に出場し、「連弾・コンペティション部門」で金賞や優秀賞を受賞したそうです。

連弾というと、一緒に演奏した相手がもう1人いるということですが、そのお名前として記載されていたのが「白鳥桃夏」さん。

こちらの方が、恐らくお姉さまではないかと思われます。

受賞したのは白鳥晴都さんが小学校4年生のときだったそう。

小学生部門の参加ですから、お姉さんとの年齢差は1〜2歳ということですね。

 

白鳥晴都さんは、再びピアノの練習をしているのだそう!

しかも、ショパンのワルツやノクターンなんてかなり本格的で難しいかと思います。

きっと相当な努力をされてきたのでしょうね。

 

ピアノを弾ける男の子って女子からの人気が高いイメージがあります。

白鳥晴都さんはピアノが弾ける上にこの綺麗な顔立ちですから、きっとすごくモテたんでしょうね!

同じクラスの女子が羨ましい…。

おわりに

今回は、「白鳥晴都Wikiプロフ本名や読み方は?姉弟ピアノの腕前が凄いって本当?」と題しまして、ご紹介しました。

お姉さんと思われる「白鳥桃夏さん」と幼少期からピアノを習っていたそうです。

特技として「ピアノ」を上げている白鳥晴都さんのピアノの腕前は、コンクールで金賞や優秀賞と獲得するほど。

2022年、白鳥晴都さんの主演する映画「ぜんぶ、ぼくのせい」も公開され、益々活躍の場を広げられています!

端正な顔立ちで、成長するとイケメン俳優として人気になりそうですよね!

error: Content is protected !!